男性と女性

医療の仕事を効率化できる電子カルテ|業務の正確性を図る

握手

インドネシアは商売に良い

海外での商売では現地視察は重要になります。インドネシア進出支援会社はそれをバックアップしてくれるのでスムーズに現地視察が可能です。事業成功の秘訣は優秀な人財の確保にありますが、進出支援では現地人の人財も選定してくれる優れた会社です。

オススメリンク

  • 歯科用電子カルテの導入ガイド

    電子カルテならコストを削減することができるようになっています。その他に関する詳しい情報が知りたいならこちらです。

医療の仕事をIT化する

パソコン

診療記録をペーパーレスに

ビジネスの世界においては、IT技術に発達に伴ってさまざまな分野でペーパーレス化が進んでいます。特に記録管理の面においては、その大半が電子化されているのが現状です。このような変化は、医療のような極めて公共性の高い分野にも及んでいます。それは、ペーパーレス化が単なる経済的メリット以上のものをもたらしてくれるからです。医療におけるペーパーレス化の最も顕著な例が、電子カルテです。電子カルテは、これまで医師や歯科医師が紙に記録していた診療の経過を、電子情報に置き換えて管理するシステムです。医療業務の大幅な効率アップを図ることができます。もちろんこれまで手書きで行っていた作業を機械入力に変更するわけですから、その操作に習熟しなければならなくなるという点には注意が必要です。しかし現行のシステムはどれもかなり直感的に操作できるようになっており、慣れるまでにそれほど時間はかかりません。

医療過誤の防止にも貢献

初期の電子カルテは、単にカルテのフォーマット上に診療内容等を打ち込んでいくという、ワープロとほとんど変わらない機能しか備えていませんでした。しかし最新のシステムは傷病名や薬剤名等の膨大なデータベースを備えており、最初の数文字を入力することで候補を次々と提示してくれます。そのため、誤記入によって記録が不正確なものになるのを防ぐことができるようになります。さらに、製品の中には処方薬の量が変わったり、併用することで副作用の懸念がある薬剤を同時に処方したりした場合は警告メッセージを発する機能を備えたものもあります。つまり電子カルテを活用すれば、記録の誤りばかりでなく医療過誤も未然に防止することができるようになるわけです。

診察台

歯医者の患者を集める手法

歯科の新規開院やリフォームをした時、患者を集めるための内覧会を開くと効果的です。医院の内部や最新の治療法を知ってもらうことで、他の医院と差別化することができます。繁盛する医院は自由診療の患者が多いです。ホワイティングなどの技術を広めるためにも内覧会は必要です。住民との触れ合いが患者増につながります。

カード

顧客ニーズの一つ

クレジットカードで決済する場面は日常的に行われます。インターネットショッピングなどの場面だけでなく、実際の店舗においても、旅行者やポイントなどの利用によって意図的にクレジットカードを利用する場面が増加しています。クレジットカード決済の際には、セキュリティ対策を一番に考える必要があります。